iPad




ついに発表された。appleのタブレット。「ipad」
注目する機能やハードスペック、価格ともに驚きの仕様に仕上がっている。

まずハード面で注目するべきとこはappleが手がけたcpuを採用したことだろう。HD動画も楽々再生するらしい。
さらにバッテリーだ。動画再生しっぱなしでも10時間起動可能となっている。タッチスクリーンは9.7インチとなっている。

さて中身であるがOSはiPhoneOS3.2が乗っている。個人的には4.0が発表されて同時にタブレット発表と思っていたが少し残念である。




さて約十五万にもおよぶアプリ群はどうなるのかも気になっていたが全部動くとのことだがカメラが搭載されてないのでカメラ関係のアプリは全滅である。中身のOSはいっしょでもタッチスクリーンの大きさが違うためそれどれに最適化されたアプリが今後リリースされることになる。




今回意外だったのがマックでお馴染みのiLifeがiPad様に準備されなかったことである。それどころかapple純正ソフトiワークが準備されたことだ。これはこれでいいとは思うのだがやはりiLifeも出すべきではないかと思う。



ネット環境はWi-Fiと3gが内臓されている。が、Wi-FiのみのバージョンとWi-Fiと3g内臓という2つの種類が用意された。後者のほうが約130ドルほど高い値段設定となっている。

さて記憶メディアはフラッシュメモリを搭載し16ギガー64ギガとなっている。

さて本体の価格だがWi-Fiのみの16ギガでは498ドルとかなり驚きの価格設定である。量販店に出回るこりには下手すると400ドルを切る可能性も十分ありえる。

全体的な印象としてもiPodタッチのデカい
バージョンという印象かもしれないが、それだけに留まる製品にはならないだろう。これはノートパソコンというジャンルを脅かす存在になりえると私は思っている。あるデータによるとノートパソコンを実際持ち歩いているユーザーは五割にもみたないらしい。そう考えるとこの10時間駆動し持ち運びも便利でさらすぐに起動する板一枚のこのipadは十分ノートパソコンを脅かすほどのポテンシャルを持ち合わせている。

日本では六月ぐらいの販売になると予想されている。このころにはアプリもかなり出揃うと予想される。

0 件のコメント: